ガラスが割られたときはどのような保険が使えるのか?

ガラスが割られたときは自費修理をするとどうしても費用が高くなり、少しでも安くする方法を探したいものです。安くするためには保険が使えればガラスが割られて困ってもすぐに修理や交換をしてもらえ、安心して生活ができるようになります。この記事では保険が適用される条件を紹介するため、参考にするといざというときに困らなくて済むと思います。

状況に応じて適用される保険が決められる

ガラスが割られたときはどのような経緯で発生したか確かめる必要があり、適用される保険を探して申告することが大事です。基本的に家の窓ガラスが割られたときは火災保険で補償してもらえ、加入したプランや付帯サービスによって異なりますが無制限でできます。台風の風圧や飛来物で窓ガラスがひびが入ったり割れたりすると風災補償が、泥棒に割られたら盗難補償が適用され、不注意によるものは外部不注意による破損の補償があります。そのほか、家財保険やクレジットカード付帯の保険もあり、火災保険と適用される範囲と同様で扱われ会社と相談すると便利です。

適用される条件を確かめよう

ガラスが割られた場合でも状況によっては適用されない場合もあり、それぞれの事例を確かめて修理や交換を依頼することが大事です。火災保険が適用される条件は自然災害や冬場の熱割れ、鳥や飛び石、泥棒によって割られたケースになり、子どもが近隣住宅の窓ガラスを割った場合にもできます。しかし、原因が分からないことや室内の間仕切りドアにはめ込まれているガラスが割れたり免責金額内の破損は適用されないため、割れたら必ずしも保険が適用されるわけでなく注意が必要です。家財保険やクレジットカード付帯の保険のケースも火災保険と同様ですが、適用範囲が異なる場合もあり事前に会社に確認する必要があります。

免責金額を確かめよう

ガラスが割られたときの修理や交換にかかる費用が補償できないケースもあり、その理由は免責金額の範囲内になることが多いです。免責金額は保険に入るときに設定している自己負担額のことで、修理費用から差し引いた金額が補償金になります。免責金額は1万円~10万円の範囲で設定しているため、事前に契約内容を確かめて申し込むことが大事です。このため、窓ガラスが割られたときは必ずしも保険によってすべて賄わられるわけでなく、自己負担額もあることを認識する必要があります。このため、修理代が高くなった場合に免責金額との差額が補償金となり、ガラスが割られると必ずしも保険に頼れるとは限らないため注意が必要です。

まとめ

ガラスが割られたときは保険に頼って負担額を減らそうと考えがちですが、原因を確かめないと適用されないため注意が必要です。適用される保険は基本的に火災保険で、プランによって補償金が変わってきます。また、ガラスの修理や交換にかかった費用が免責金額を下回ると保険が適用されず、自己負担になることを認識して申請を行うことが大事です。