子供が近所の家のガラスを割ったらどのようにすべきか

子供が近所の家のガラスを割ればどのようにすべきか迷うもので、保険が適用されるか確かめて補償してもらえれば便利です。また、窓ガラスが割れれば破片で怪我をすることもあり、そのことを心配する人も多くいます。この記事では保険の適用条件や対処法などを紹介するため、気になれば何とか対応できると思いますので参考にしてください。

まずは相手方に謝罪して指示をあおごう

子供が遊んでいて近くの家のガラスを割ってしまったときは相手に謝罪し、ガラスの代金の弁償をするように伝えます。そのときに家に住む人が負傷してしまえば怪我の治療費も出すように伝え、相手に誠意を伝えて印象が悪くならないようにすることが重要です。謝罪をするときにしてはいけないことは相手に迷惑をかけたことを自覚せず、要求に対してできないなど反論しないようにする必要があります。ガラスは割れると破片が飛び散って危険で、状況をきちんと確かめることが大事です。また、相手が修理や交換にかかる費用を出すと言っても自分ですることを伝え、責任を取るように対応しないといけません。

ガラスの交換をすぐに依頼しよう

相手に謝罪したあとは割れたまま生活すると防犯面などで不安になり、すぐに業者に依頼する必要があります。緊急で業者に依頼すると時間によっては出張費以外にも時間外や休日サービスの手数料がかかりますが、相手に迷惑をかけているため信頼を回復するように努めることが大事です。そして、ガラスの交換が完了すれば請求書を確かめ、金額によってどのようにするか考えないといけません。また、このような緊急の場合は業者ごとの見積もりを比較する暇がなく、素早く対応して相手に誠意を見せることが重要です。請求された料金はいかなる場合でも自分自身で支払い、相手に負担させないようにする必要があります。

請求額に応じて最適な対応をしよう

ガラスの交換をしたときは業者から費用を請求され、金額によって対処法を決める必要があります。請求金額がすぐに支払える状況なら請求書の内容を確認し、その場で済ませることが大事です。しかし、相手によっては請求書を見せずに多めに請求することもありますが、はっきりさせるようにするとトラブルを防げます。請求額が高額になると手持ちの金額では支払えないため、賠償責任保険を使って対応すると便利です。賠償責任保険は保険会社が代わりに支払ってくれ、子供がガラスを割っても親権者に責任があるため適用され相手が破片で怪我をしても対応してくれます。

まとめ

子供が近所の家のガラスを割ったときはまずは相手方に謝罪し、すぐに業者に交換を依頼する必要があります。また、相手に迷惑をかけていることを自覚しスピード対応を行い、信用を回復できるように努めることが大事です。ガラスの交換にかかった費用は高額になると損害賠償保険が適用され、破片で相手方が怪我をした場合にも対応できます。